中国地方のCATV事業者初の「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」を取得 | 株式会社中海テレビ放送
News Release
ニュースリリース
中国地方のCATV事業者初の
「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」を取得
2021/03/31

 株式会社中海テレビ放送(本社:鳥取県米子市河崎610、代表取締役社長 加藤 典裕)は、株式会社日本施策投資銀行(以下DBJ)の「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」を取得し、同格付に基づく融資を受けました。なお、中国地方のCATV事業者で「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」を取得するのは、今回が初となります。

 「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」融資は、DBJが定める独自の評価システムにより、従業員への健康配慮の取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定する「健康経営格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 今回の「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」では、以下の点を高く評価された結果、「従業員の健康配慮への取り組みが優れている」という格付を取得しました。

  1. 社員健康づくり事業について、企業理念の実現と関係づけてその目的を明確にするとともに、全社員の意見を集約しながら、総務部や安全衛生委員会を中心に取り組みを着手している点
  2. 育児や介護、病気の治療と両立しながら働き続けることができるよう、各種支援制度や在宅勤務を拡充するとともに、常設Webモニターを用いて複数事業拠点間のコミュニケーションを円滑にする工夫を行うなど、働きやすい環境整備を進めている点
  3. 企業理念や経営方針の実現に向けて、各部門で自主性や自立性を育む人材育成を推進するとともに、2030年を見据えた将来像の議論やミライノネプロジェクトなど、モチベーションの向上に資する取り組みを展開している点

 中海テレビ放送は、「地域をつなぐ 未来へつなげる」をミッションステートメントに掲げ、鳥取県西部でのCATV事業、インターネット事業、固定電話事業、モバイル事業等の通信事業に加え、近年は、エネルギーの地産地消をコンセプトとした電力小売事業にも取り組んでいます。また、国連の「SDGメディア・コンパクト」にも加盟し、地域におけるSDGsの啓発と17の課題解決に向けた取り組みを推進する中で、更に魅力的で働きやすい職場づくりに努めてまいります。